事業再編支援

財務デューデリジェンス

「本当はどんな会社なのか?」

事業再編や投資をするときに最も重要なことは、ターゲット会社の本当を知ることです。ターゲット会社には様々な財務リスクが潜在している可能性があります。例えば、対象となる資産が実際には予想以上に劣化していたり、呈示されていない重要な簿外債務や偶発債務が生じていたりといった事が考えられます。実際に、財務デューデリジェンスのコストを節約して、対象会社の調査を実施しなかったため、ターゲット会社取得後に、事前に通知されていなかった膨大な損失が発見されたという例も多くあります。財務デューデリジェンスは、これらの潜在リスクを顕在化させることを目的としています。本当の姿を知らない、あるいは中途半端に知った気になって、再編や買収を進めてしまうとどこかの局面で必ず失敗します。もしかすると実行後に失敗に気がつくことも少なくありません。
再編や買収においては初期段階で行う財務デューデリジェンスをどれだけポイントを押さえて精緻に行うことが、最終的な成功につながります。
アクリアでは再編や買収の背景についてクライアントから十分なヒアリングを行い、事業再編や買収を成功させるための財務デューデリジェンスを効率的な費用で行います。

バリュエーション(事業価値算定、株価算定等)

「価値はいくらか?」

事業価値、株式価値、ストックオプションの価値等、ビジネスにおいては各種の価値を算定する必要性が生じることが多々あります。多くの会計事務所における株式価値算定は決まった材料をもとに計算式に当てはめるサービスが提供されています。アクリアでは単に計算式に当てはめるだけではなく、何が要因でその価値が生じているのか?この条件が変わった場合にどんな影響があるのか?等、ニーズに応じた実質的な価値評価を行います。
最終的には第三者としての価値算定レポートを提出させていただきますが、その過程においてもクライアントニーズを満たしたサービスを提供いたします。

株価算定に必要な資料

  1. 事業計画書
  2. 決算書(過去数年間分)
  3. 税務申告書(過去数年間分)
  4. 商業登記簿謄本
  5. 株主名簿

アクリアは、下記のようなケースにおける価値算定を実施いたします。

  • 第三者割当増資における発行価額
  • ストックオプションの公正な評価単価
  • 合併時の合併比率算定の基礎となる株価
  • 事業譲渡時の譲渡価額
  • 株式交換時の交換比率算定の基礎となる株価
  • 無形資産の価値評価
  • 事業承継時の株価算定