事業計画・予算作成支援

「形式的な事業計画・予算となっていませんか?」

事業計画や予算を作成する目的は様々です。大きく区分すると外部にアピールするための事業計画と内部で管理するための事業計画に分けられます。
外部にアピールするための事業計画とは主にベンチャーキャピタルや銀行からの資金調達のためのもの、投資家へ向けてメッセージを発するためのものをいいます。
内部で管理するための事業計画とは自社の道を見失わないため、成績を評価するための指標とするためのものをいいます。

企業が事業計画を作成するとき、自社のビジネスや方針・目標を明確にしたうえで目的に応じた事業計画を作成しなければなりません。

アクリアでは外部にアピールするために無理に作成した形式的な事業計画を運用するのではなく、内部で管理するための事業計画として実質的に機能し、現場で使える事業計画の運用を重視し、その作成を支援いたします。

ステップ

ステップ 1 : 方向性・コンセプトの明確化

アイディアとは往々にして明確ではありません。次から次にアイディアが生まれ気がつくと核を見失っていたり、当初の方向と全く違う方向に走っていることが良くあります。まずは浮かんだたくさんのアイディアの中から方向性・コンセプトを明確化する必要があります。

ステップ 2 : 根拠づけ

自分だけが自己満足できる事業では貯金が尽きたときに事業も終わりを迎えるでしょう。できるかぎり緻密な事業環境の分析を行うことが必要です。それでも外部からすると十分とは言えないことがほとんどです。インターネットの情報、足を使った情報、書籍による情報等々全てのリソースを駆使して緻密な環境分析を行い、自らのアイディアに根拠を与えます。この段階で根拠が得られないサービスは実行しても失敗することがほとんどです。

ステップ 3 : 全体計画の作成

明確化した、方向性・コンセプトおよび情報をもとに会社全体としての損益計画等を作成し、目標値を定める。

ステップ 4 : 各部署からの予算案の収集

全社の方向性・コンセプトを明示したうえで、各部署からの個別予算案を提出させる。

ステップ 5 : 全体計画と個別予算の調整

全体計画と個別部署予算の集計を比較し、調整後の全体計画を作成するとともに、個別部署に示達する予算を作成する。

ステップ 6 : 予算と実績の比較分析

予算と実績の比較を行い、原因分析→対策→結果比較のサイクルを継続運用する。